ボクリーマン戦記

「金も時間も自由もない」このブログはサラリーマンが不労所得の獲得を目指し奮闘する日々の記録である。

スポンサーリンク

9日目!サラリーマンは東大に合格出来るのか?ボクリーマンの逆転東大受験記!

スポンサーリンク

f:id:bokuriman:20200424073011j:image

東大受験記9日目!うんこ本作戦!

2020年1月6日!昨日の宣言通り数学をやる。たったの30分、されど30分。これでようやく青チャートの因数分解が終わった。因数分解中、難しくて腹が立って青チャートを分解しそうになったのは内緒の話。

それとウェブ玉塾で世界史も30分。

合計1時間の学習時間でフィニッシュした。

f:id:bokuriman:20200108181023j:image

ここまでの学習時間。目標にはまだまだ遠い。

うんこ本作戦

ボクの実家には「うんこ本」と呼ばれる本があった。文字通り父がうんこ中に読む本だ。生まれつきお腹が弱かった父はうんこが長かった。(決して健康診断で「肥満体」と診断されるまで続けた暴飲暴食が原因ではない、はず)

うんこタイムが長かった父は、きっとうんこタイムを有効に使おうと思ったのだろう、トイレに小さな本棚を設置していた。

そこにある本こそ「うんこ本」だ。

さて学習時間を作らなければならないボクだが、サラリーマンは時間がないし根性もない。今日も休日出勤で死にそうだ。そこで父の知恵を借りる。

f:id:bokuriman:20200108181737j:image

トイレに単語帳を置いてみる。今日から毎日、うんこタイムは英単語タイムだ。
うんこを生産する時間を、英単語を詰め込む時間に変え、肛門括約筋への集中力を英単語に注ぎ込む。これによりボクは新たに朝晩の20分程の英語学習の時間をうんこに変わって生み出す事に成功した。きっと父もこうやって時間を有効活用したのだろう。ありがとう父さん。 「一生遊べるダービースタリオン」「信長の野望烈風伝完全攻略」みたいな本ばかりだったのは気のせいだ。