ボクリーマン戦記

「金も時間も自由もない」このブログはサラリーマンが東大合格と不労所得の獲得を目指し奮闘する日々の記録である。

スポンサーリンク

不労所得へ!!2019年12月決算!!

不労所得へ!!2019年12月決算!!

新年あけましておめでとうございます。2020年が始まった訳ですが、東京オリンピックを控えた今年はどんな相場になるのか、今から非常に楽しみだ。もちろんオリンピック明けは大暴落が起きるかもしれないし、今後も株高は続くかもしれない。ただ、ボクに出来る事は、どんな相場であろうと全力でミスターマーケットに立ち向かう事だけだ。2020年も着実に前進して行きたい。

www.bokuriman.com

昨年12月の投資記録。昨年より確実に前進している。今年は不動産投資にもチャレンジして不労所得を拡大させる計画。

12月投資結果

  12月投資結果 累計
投資額合計 ー11万1,795円 155万3,402円
国内株 18万2,800円 95万3,000円
FX ー18万2,663円 53万1,169円
投資信託 ー8万8,213円 2万8,419円
外国株 0円 6万9,233円
確定利益 ー8,583円 54万1,723円
含み損益  

結果として8000円のマイナスを記録してしまった。敗因は、円安によりFXでの利益が出せなかった事と成長株での逆指値がかかってしまった事の2つ。相場環境だけでなく、1年を通して利益を伸ばせなかった理由は自分でもよくわかっている。

今後の方針

f:id:bokuriman:20190106224249j:plain

高配当株から成長株へのシフトは今後も継続していく。しかし今年の反省として「利確」が早すぎる点はしっかり改善していかなければならない。含み益は利益ではなく利確して初めて利益になる。だから一概に早めの利確が悪い訳では無いのだが、自分がしっかり選んで買って、上がり始めた銘柄である。もっと自信をもってホールドしても良かったのではないか。実際に売却後も上がり続けて悔しい思いをした銘柄は少なくない。買ったら基本的に長期間ホールド出来る高配当&優待株とは違い、成長株は出口の見極めが重要、今後も試行錯誤の日々が続きそうだ。