ボクリーマン戦記

時間も金も自由もないボクリーマン。このブログはどこにでもいるサラリーマンが社会の荒波に揉まれ、奮闘する日々を記したモノである。

不労所得へ!!2019年2月決算!!

スポンサーリンク

不労所得へ!!2019年2月決算!!

2019年が始まって2ヶ月目。投資を始めてはや7ヶ月。日々の残業&休日出勤は辛いけど、資産は少しづつ、でも着実に増えている。不労所得生活にはまだまだ程遠いけれど達成できるその日まで、ボクは戦い続ける事を固く誓った。

 

f:id:bokuriman:20181208034023j:plain

2月投資結果

  2月投資結果 累計
投資額合計 11万3,760円 119万821円
国内株 6,440円 45万4,660円
FX 10万円 60万円
投資信託 7,320円 6万6,928円
外国株 0円 6万9,233円
確定利益 8,475円 86,769円

 

2月の投資結果。利益の少し出ていた積み立てNISA以外の投資信託と含み益の出ていた株を売却。その後売値から下がった所で買い戻した物もあり保有株はほとんど変わらず。形的には東海東京HDを100株買い増しただけだ。今月も株ではあまり利益が出ず、8000円の利益のうち5000円はFXで稼いだものだ。やっぱり日中働いているサラリーマンには9~15時で動く株式投資は難しい。どうしても中長期のトレードになってしまう。でもボクみたいに資金が少ない人間では高配当株に投資して配当をもらうだけでは資産はなかなか作れない。100万円分投資した所で配当だけではせいぜい数万円だ。

それでもボクが高配当株を買う理由

 高配当株や優待株は長期で保有する人間が多いためか底が固い。大きな下落もあまりない。下落したところで「どうせ配当がもらえるし」と気楽に構える事が出来る。むしろ下落した時には積極的に買い増せば株価を割安で拾う事が出来る。見る目を変えればただのナンピン買いだけど、長い目で見ればいつか株価は戻る。潰れさえしなければそれでいい。ボクが買っているような有名企業がつぶれる事を心配するなら、ボクの務め先の方がよっぽど心配だ。

 そして含み益に転じたのならすぐに利益確定をする。それをまた割安な高配当株に回して元本を増やしていく。

  • 狙い目は割安な高配当株
  • 時期をずらしたナンピン買い
  • 損切はしない
  • 配当利回りの倍程度の含み益が出たら利確

これがボクの基本戦術だ。

FXでの実験

 FXでは毎月コツコツ利益を出すことが出来ている。低レバレッジを心がけているおかげだと思う。でも今のボクの投資手法は利益に対してのリスクが高すぎる。FXはロスカットがあるから株と違って塩漬けにすることができない。だからボクは、FXを投資対象としては外して”保険”にしようと思っている。

 SBI証券の『代用証券制度』を使い、株を担保にFXを行う。ボクの株式の投資スタイルでは高配当の株を含み益が出るまで保有し続ける。そして割安だと思える株を毎月買い増していく。このスタイルだと塩漬けの株が少なからず出るし、株価の下落時に株を割安で拾えるとは言え反転するまで利益が出ない。

 そこで塩漬けの株を担保にしてFXでショートポジションを取れば、資金を二重に有効活用出来るうえに円高株安に対する保険に出来る。円高株安時にはFXで利益を得て、下落して割安な株を拾う事が出来るし、円安株高の局面では株の含み益でFXの含み損を相殺できる。唯一気を付けなければならないのが円安株安の場合。しかしある程度は円と株は反比例する。資金管理に気を付ければそこまで大きなリスクは無いのではないか。

 それに経験上、円安はじわじわ進行し円高は一気に進行する。年に何度もある訳では無いが、その一度の急激な円高で利益を出す為、円安の速度に合わせてショートのポジションを増やし株価が下がれば株を買いましてレバレッジを下げていきたいと思う。果たしてこの作戦が成功するのか。今後の相場が楽しみだ。