ボクリーマン戦記

時間も金も自由もないボクリーマン。このブログはどこにでもいるサラリーマンが社会の荒波に揉まれ、奮闘する日々を記したモノである。

2018.12.6(木)/親父は偉大だ

スポンサーリンク

残業辛いよ

今日も元気にサービス残業。今週は土日もサービス出勤が決まっている。この環境から抜け出したくてもがいても、もがくことすら出来ない。残業はわからなくもない。お客さんの要望には答えないと商売が成り立たない。それでも給料を払わないのはおかしい。サラリーマンはお金の為に時間を切り売りしている。それを搾取するのは命を少しずつ奪うのに等しい。

 

親父は偉大だ


f:id:bokuriman:20181208034023j:image

親父は工業高校卒業以来勤続35年。健在も記録更新中だ。残業だったり休日出勤だったり、リーマンショックの時にはリストラの危機も乗り越えて今は地元の支社のNo.2まで上り詰めたらしい。大きな会社じゃないけれど、それだけ責任を持って頑張ったのだろう。そう思うと、子供の頃に肩叩きでもしてあげれば良かったな、とか思う。サラリーマンをやってみて初めてわかる事だ。色んな所で板挟みにされて、業務は年々増えていく。そのわりに給料は全然増えない。

親父もきっと葛藤しながら、家族の為に頑張ってくれたのだろう。お正月は実家に帰ってお酒を一緒に飲もう、仕事の話、昔の話、色んな事を話ながら。

 

英語学習

TOEICの試験を申し込んだ。試験日は1/13。多分、ここで頑張りきれなかったら、ボクはボクの事が今よりもっと嫌いになるかもしれない。残業と休日出勤は辛いけど、それを言い訳にしてたら一生サラリーマンを辞められない。だから頑張って勉強しようと思う。親父は偉大で毎日頑張って働いた。でもボクはもう少し頑張って仕事に耐えて勉強もして投資もして、より大きな結果を得ようと思う。そして恩返し出来たらいいな。

 

今日も英語は30分リスニングとスピーキングよテキストを進めた。もう少し勉強癖をつけて学習量を増やさなければ...