ボクリーマン戦記

時間も金も自由もないボクリーマン。このブログはどこにでもいるサラリーマンが社会の荒波に揉まれ、奮闘する日々を記したモノである。

2018.12.12(水)上司と家族と残業と

スポンサーリンク

上司とラーメン

今日も残業だったが、仕事終わりに上司がラーメンに誘ってきた。身構えるボク。不敵に笑う上司、めっちゃ怖い。

f:id:bokuriman:20181216201628j:image

お店は二郎インスパイア系、野菜ニンニク増しで頼む。いつもサービス残業を強いる仕事人間だけど悪い人じゃない。仕事がなければボクは、この上司が好きかもしれない。

ラーメン屋では世間話を少しと仕事の話をした。ボクの家族の話、上司の家族の話。上司には子供がいるらしい。女の子が二人。写真も見せてもらったけど、ホントホントに可愛かった。どうやらこの写真を見せたかったようだ。

普段は怖い上司も、スマフォの画面で待ち受けている幼児と赤ちゃんを見る目は、今まで接したどの上司よりも優しかった。やっぱり、上司は悪い人じゃない。悪いのは会社だ。

サービス残業も休日出勤もさせられているのはボクだけじゃない。上司も同じだ。ただ、彼には家族があって仕事を辞めるわけにはいかない。サービス残業も休日出勤も家族を守るためには必要なのだ、と考えているに違いない。

足元を見てこの優しい父親を酷使するこの会社をやっぱりボクは好きになれない。

だけど、いつか会社を辞めるまで、ボクの残業で上司が少しでも早く子供の為に帰れるように頑張ろうと思った。

 

世界中と英語

自分でも驚くほど勉強が楽しく感じている。英語のテキストを30分、世界史を30分、するつもりが気付けば1時間経っていた。やっぱり、好きな事はどんどん進める事が出来る。最終的に英語30分、世界史を1時間勉強して、ボクは眠りに着くことにした。