ボクリーマン戦記

「金も時間も自由もない」このブログはサラリーマンが不労所得の獲得を目指し奮闘する日々の記録である。

スポンサーリンク

不労所得へ!!2019年11月決算!!

スポンサーリンク

f:id:bokuriman:20200420125032j:image

不労所得へ!!2019年11月決算!!

2019年も早いもので12月を残すのみとなった。サラリーマンになってから数年。たかが数年だけれども確実に年を重ねている。だから時が経つのが早いのか。一つだけ言えるのは、人生は有限でだからこそ一刻も早く自由を手に入れるべきだという事。不労所得で自由に生きる為、ボクリーマンは通勤電車と今日も戦う。。

株式投資VS不動産投資

去年の8月から不労所得を得る為に始めた株式投資。色々な手法を学びつつ、実際に運用していて感じた事がある。それは入金力が無ければ、安定した収益を上げるのは難しそうだという事。基本的に株式投資は現物でしか買えない。信用取引をしても3.3倍までで手数料は割高である。その上信用取引をするとロスカットの可能性もある。しっかり逆指値を入れておけば問題ないのかもしれないが、それでも相場全体が下げている場合売却益を得る事は難しい。ではインカムゲイン、配当収入はどうか。株では利回りが高くても5%、持ってるだけで5%もついて売却益も狙えるなら投資としては悪くない。が、配当金で生活する事を考えると1000万円でも配当は50万円、こつこつ給与を投資に回せる資金力が無ければ難しい。

一方、不動産はどうか。不動産であれば融資を上手く活用することが出来れば頭金の10倍近い物件を購入できる。銀行の融資で物件を買い、入居者の家賃でローンを払う。仮にローンの返済と家賃収入がトントンでも返済が終われば土地値から往復の手数料を引いたものがそのまま残る。ローンの返済額を家賃収入が上回れば、毎月のキャッシュフローも生まれる。もちろん不動産経営は様々なコストがかかる。株は劣化もしなければ維持費もかからない。それでも不動産投資と融資を組み合わせて行くのがサラリーマンを卒業する最短コースだと思う。株で軍資金を作り、不動産を買う。ボクはこれを成功させる為に不動産屋になったのだ。

11月投資結果

  11月投資結果 累計
投資額合計 ―9万6,100円 166万5,197円
国内株 ー9万6,100円 77万200円
FX 9万794円 71万3,832円
投資信託 ―8万6,094円 11万6,632円
外国株 0円 6万9,233円
確定利益 2万3,698円 55万306円
含み損益 ー9万2,600円

2019年も残りわずか。来月もプラスで終われるように頑張ります!!結論から言えば今月は2万円のプラス。高配当株から新興の成長株にシフトしつつ、不動産投資の為に現金も温存している。また現金化に伴い値動きの少ない株では損切も発生している。とにもかくにもプラスで終えられたので良しとしよう。